婦人

失敗しないマンション投資のコツ|不安が無くなるサブリースの仕方

住宅の賢い貸し方

空室

不動産会社の選び方

リロケーションを行う場合には、十分に実績をもった不動産会社に仲介を依頼することが重要になります。相続で承継してしまった住宅や住み替えで不要になった住宅、転勤で一時的に離れることになった住宅などを一時的に第三者に賃貸することをリロケーションと言いますが、一定期間に限られているだけに、賃貸条件には気を付けなければなりません。一定期間経過後に賃貸契約を解除することができるのは当然ですが、通常よりも安い価格で賃貸することになりますので、不動産会社によって条件が大きく異なってきます。地域の実情を十分に知っている不動産会社を選ぶ必要があることはもちろんですが、リロケーションの経験を多く持っていることも重要なポイントになります。

賃貸期間終了後の対応

しかし、リロケーションを円滑に行っていくためには、不動産会社にある程度のことを任せることも大切です。住宅を離れている間の管理について、一つ一つ不動産会社に求めても必ず履行されるというものではありません。あくまで第三者に対してまた貸しすることになりますので、その条件は不動産会社に任せることが大切です。その上で、最低限入居者に守ってもらいたいことは、確実に契約書の中に入れておかなければなりません。特に、賃貸物件を返還する際には、原状に戻っていることが重要になりますが、賃貸前の状況についても相互で確認が必要です。また、一定期間終了後に確実に物件が返還されるように、賃貸期間終了後の引き渡し方法についても明確にしておくことが大切です。