婦人

失敗しないマンション投資のコツ|不安が無くなるサブリースの仕方

賃貸住宅を楽に経営する

インテリア

運営をプロに一任

記録的な低金利が続く現在、各方面から注目されているのが不動産投資です。中でもアパート・マンション等の賃貸経営は、高利回りが長期にわたって期待できるとあって人気を呼んでいます。そんな時代にあって、注目を集めている賃貸経営の手法があります。それが一括借り上げです。一括借り上げとはアパート等の住戸を不動産管理会社が借り上げ、実際の運営を行うというものです。物件管理や広告宣伝などの業務を実績のあるプロフェッショナルに任せられることから、実務経験のない新規のオーナーを中心に利用されています。一般的には土地所有者が一括借り上げを前提としてアパート等を建設し、完成後に契約を交わすという形式をとりますが、既存の物件に適用されるケースもあります。

収入を長期にわたって保証

一括借り上げによる賃貸物件が実際にどのように運営されるかというと、これは転貸制度を利用します。つまり管理会社は、オーナーから借り受けた物件を転貸する形で個々の入居者に提供し、そこから利益を得ることになります。したがって、実質的な経営責任は管理会社が負うことになります。そのため、入居者の募集や契約手続き、近隣トラブルの対応といった業務はすべて管理会社が行い、オーナーが自ら手を煩わすことはありません。さらに、管理会社は収益の確保についても責任を負うことになります。そのため、ほとんどの一括借り上げ契約には家賃保証制度が組み込まれています。これは、オーナーは契約期間中においては実際の入居状況に関わりなく、満室家賃の80〜90%程度を毎月受け取れるというものです。